#D. 化粧品プレーヤー必見!改定化粧品広告ガイドラインの徹底解説
改定のポイント、行政通知との比較

  • 投稿カテゴリー:有料動画

▶︎ 概要

2020年3月末に粧工連の化粧品広告ガイドラインが改訂されました。 
化粧品広告に重要な影響を与えるので化粧品プレーヤーはその内容をきっちり把握しておく必要があります。 

この動画では今回の改定内容を説明するだけでなく「美容ライター、美容家、著名人による推奨不可」「幹細胞コスメ不可」「(乾燥小じわ試験に関し)効能評価試験済みの強調不可」という驚愕の内容の対処法も説明しています。

▶︎ 項目

Part1.前駆をなす医薬品等適正広告基準改定、8-8事務連絡

  1. タイムライン
  2. 行政基準と化粧品広告ガイドラインの関係

Part2.化粧品広告ガイドライン改定の重要ポイント①:ビフォーアフター・別人比較

  1. 行政ルール
    1. 医薬品等適正広告基準改定
    2. 8-8事務連絡
  2. 化粧品広告ガイドライン F7.2
  3. ケーススタディ 1. 事例① ?2. 事例② ?3. 事例③ ?4. 事例④

Part3.化粧品広告ガイドライン改定の重要ポイント②:権威コンテンツ

  1. 行政ルール
    1. 医薬品等適正広告基準改定
    2. 8-8事務連絡
  2. 化粧品広告ガイドラインF11.0
    1. (い)が新設された
    2. 医療関係者等の推せんはF11.0~F11.5で、F11.1~11.5には何の新設もなく、なぜか8-8.事務連絡も 落としている

Part4.化粧品広告ガイドライン改定の重要ポイント③:効能評価試験済み

Part5.化粧品広告ガイドライン改定の重要ポイント④:その他

  1. 愛称を使用する場合
    1. F1.1②略称又は愛称を広告に用いる場合は、同広告中に承認又は届出を行った販売名を付記すること。 (化粧品を除く。)
    2. 改定医薬品等適正広告基準解説にも同趣旨の記述がある
  2. 細胞表現
    1. E9「細胞」等の表現
    2. 旧版には「細胞レベルの表現は不可」といった記述しかなかったが詳しく記述されている
    3. 幹細胞
  3. 文章中体験談
    1. E20.3注意事項
    2. 内容的に当然のことを確認
  4. 実感
    1. E23「実感」の文字を含む表現について
    2. 「実感」ワードはほぼ使用不可

▶︎ 価格(税込)

・YDC会員価格 16,500円 ※3回のメール質問権付 

・非会員価格 22,000円 ※3回のメール質問権付

お支払い方法: 振込み あるいは カード決済

▶︎ 発刊日

2020年4月1日