#12 輸入代行ビジネスモデルのメリット・デメリット

▶︎ 概要

食薬区分はあるものの、結局どう扱われるのかが不明確な成分が沢山あります。
そういう成分を含有したサプリを海外から輸入しようとした場合、輸入販売という受け皿だと、その成分が医薬品成分なのか、食品成分なのかを確定させなければなりません。
しかし、輸入代行という受け皿だとその必要がなく=どちらにせよ免許は不要なので=、食薬区分の問題をスルーできるというメリットがあります。
他方、プロモーション上は厚労省の平成14年通知、26年通知で制約があります。
そういう輸入代行のメリット・デメリットをまとめたレポートです。

▶︎ 項目

Part1.スキームの作り方

Part2.輸入代行に関する規制と実務

  1. 輸入代行に関する規制
  2. 輸入代行に関する実務
  3. まとめ

▶︎ 価格(税込)

11,000円。

お支払い方法: 振込み あるいは カード決済

▶︎ 発刊日

2019年6月10日