#13 虫よけ剤の適法な作り方

▶︎ 概要

虫よけないしそれに類する表現に関する規制は、医薬部外品の規制、生活害虫の自主規制、 医療機器の規制に加えて景表法の規制もあり、とても分かりにくいのが現状です。 本レポートでは、医薬部外品・生活害虫の自主規制・医療機器の規制や景表法の規制について 下記チャートのように整理しわかりやすく説明しています。(下記のチャートは一例です。) さらには、アレルギー用健康食品についても言及しています。

▶︎ 項目

Part1.概要

Part2.虫よけ剤

  1. 虫よけと薬機法
  2. 事例研究
  3. 虫よけと景表法

Part3.虫よけ機器

  1. 基本的な考え方
  2. 事例研究

Part4.アレルギー用健康食品

  1. アレルギーやアレルゲンに対する効果は一切言えない。
  2. カルピス方式
  3. カルピス方式は塗るタイプや機器タイプにも使える。

Part5.機能性表示

  1. カルピス方式の商品はアレルケア
  2. アレルギーやアレルゲンといったワードは使えず、「目の不快感」「乾燥による肌の不快感(ムズムズ感)」 といった表現になる。

Part6.Q&A

▶︎ 価格(税込)

33,000円。※3回のメール質問権付

お支払い方法: 振込み あるいは カード決済

▶︎ 発刊日

2019年9月9日